Webmin&Virtualminで作り直してみた@CentOS

wordpress単体でバックアップ取れる事(しかも自動で!)が判明したので、もうやりたい放題。
実験をかねて、かねてから興味のあったWebminとVirtualminをぶち込みます。

念のため、、、
Webminとは
Virtualminとは

まずwebminのほうから。yumでインストールする方法になります。
1.EPELリポジトリの登録 (for centos 6.5)

cd /tmp
wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm
rm epel-release-6-8.noarch.rpm

2.必要なperlモジュールをインストール

yum -y install perl-Authen-PAM perl-Net-SSLeay

3.webminのインストール(repoファイルつくってyum)

echo "" >> /etc/yum.repos.d/webmin.repo
echo "[Webmin]" >> /etc/yum.repos.d/webmin.repo
echo "name=Webmin Distribution Neutral" >> /etc/yum.repos.d/webmin.repo
echo "#baseurl=http://download.webmin.com/download/yum" >> /etc/yum.repos.d/webmin.repo
echo "mirrorlist=http://download.webmin.com/download/yum/mirrorlist" >> /etc/yum.repos.d/webmin.repo
echo "enabled=1" >> /etc/yum.repos.d/webmin.repo
rpm --import http://www.webmin.com/jcameron-key.asc
yum -y install webmin

4.(必要なら)iptableに穴をあけてあげる

iptables -I INPUT 5 -p tcp --dport 10000 -j ACCEPT

5. webmin起動

/etc/init.d/webmin start
chkconfig webmin on

6. Virtualmin のインストール

cd /tmp
wget http://software.virtualmin.com/gpl/scripts/install.sh
sh ./install.sh
0